HOME > 商業オフ輪5号機を更新し、同6号機に西日本で初となるインクジェット印刷装置(コダック社製)を搭載。同時に5・6号機を連結し、2in1システムを導入

商業オフ輪5号機を更新

稼働から15年が経過した5号機は、2014年12月から解体工事が始まり、新しく生まれ変わりました。折機内に国内初の仕様となる、ミヤコシ社製インライン四方断裁装置が搭載され、これまで後工程での作業となっていた四方断裁を印刷時に処理でき、工程短縮が実現できます。また、裁断面にノコ刃の跡が残らない美しいラインのクリアカット仕様に対応できます。

商業オフ輪6号機、「オフセット×デジタル」のハイブリッド印刷に

商業オフ輪6号機には、西日本で初となるコダック社製インクジェット印刷装置が追設され、印刷物1枚単位で異なった情報を印刷する、バリアブル印刷が可能になります。

近年、消費者ニーズが多様化し、顧客一人ひとりの嗜好に合わせて展開するマーケティング活動「One to oneマーケティング」の重要度が高まっています。店舗や地域のニーズに合わせた異なるクーポンを印刷して集客を図るなど、お客さまのマーケティング活動に役立てられます。

商業オフ輪5・6号機が連結、2in1システムを導入

通常印刷機1台で印刷する場合、タブロイドB4サイズで8頁まで印刷できますが、5号機・6号機を連結稼働(2in1)させると、12頁、16頁の印刷が可能となります。

ご注文は小ロットから大量印刷までご要望に応じて対応いたします。
お気軽にお問い合わせください。