HOME > 商業印刷 > オフセット輪転機 > インクジェットバリアブル印刷

インクジェットバリアブル印刷

1部1部異なる可変情報を印刷

チラシやパンフレットにシリアルナンバー、二次元バーコード(QRコード)さらにMAPなどの細かな情報も印字できます。

ひろがる販促手法 >>
スタンプラリー、BINGO、くじ付きチラシなど印刷物に大きな付加価値がつき、レスポンスが期待できます。

低コスト・短納期を実現 >>
輪転機ならではの毎分550回転で印刷が可能。

日本初の2色印字+2in1システム >>
日本で初めてスミ・レッド2色印字とB4×2頁~16頁(2in1)に対応しています。また、600×600dpiの最大解像度が可能。連続給紙のレーザープリンターと同等の高解像度印字ながら低コストを実現します。

インクジェット印刷の仕組み

インクジェット印刷装置

当社に導入されている装置(コダック社製プロスパーS10)は、水性インクを使用し、マゼンタ・ブラック2つずつ計4つのヘッドを持っています。1つのヘッドの幅は100ミリで、ヘッドの配置と組み合わせを変えることで、最大400ミリの幅で可変データを印刷することができます。

印字可能位置について

印字範囲B4サイズ

印字範囲B3サイズ

※用紙の印刷方向の関係からインクジェットで印刷できる範囲が上記に限定されます。